Warning: getimagesize(https://lady2nd.com/wp-content/uploads/2019/01/7d4acdf60e560d296136847a1b59486d.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 404 Not Found in /home/nzuuvsw6/public_html/wp-content/themes/godios/inc/head-func.php on line 102

海が間近な絶景駅 海と陽と駅が織りなす景色

目の前には何も遮るものがなく、見渡す限りの海が続く駅のホーム。

鉄道ファンでなくても一度は訪れてみたくなる、海の近くの絶景駅を6駅紹介します。

北海道「JR北海道 北浜駅」
線路の向こう側からはオホーツクの風が吹いて来る

流氷の見える駅として知られる北浜駅は、ホームがオホーツク海からわずか20メートルほどしか離れていないという、抜群のロケーションを有しています。

日本列島に冬将軍が訪れ、各地で積雪のニュースが取り上げられると、オホーツク海では流氷の訪れを耳にする日が近づいてきます。

駅舎の隣には展望台が併設され、純白の流氷に覆われた海と、遠くに連なる知床連山の絶景を見渡すことができる貴重なスポットとなっています。

真冬には氷点下になることは当たり前なので、しっかりと防寒をして訪れるようにしてください。

鉄道は2~3時間に1本程度しかないため、これを利用する人は少ないようです。

ただし、慣れない雪道を車で走ることもオススメできないので、時刻表をしっかり確認して、ローカル線の風情とともに北厳の空気を味わうようにしてください。

  • 【路線名】
    北海道旅客鉄道釧網本線
  • 【所在地】
    北海道網走市北浜
  • 【最寄り駅からの時間】
    網走駅より約20分

青森県「JR東日本 驫木駅」
夕景の美しさは群を抜く日本海を独占する駅

驫木駅にはその日にホームから見える夕陽の方角を示した夕焼け暦と日時計があり、西向きの駅から日本海へ沈む夕陽が情緒深いです。

沿線の多くが海沿いを走る五能線ですが、驫木駅は数ある絶景駅の中でも、とくに夕映えが美しいことで知られています。

また、日本海を背負う駅舎は映画のワンシーンとでもいうべくロマンチックです。

「青春18きっぷ」の宣伝ポスターにも使われたこともあり、この光景を見るために訪れる人も多いです。

ご多分に漏れず、この駅も無人駅ですが、広い待合室にはノートが置いてあり、ここを訪れた人たちがそれぞれ感じた思いを綴っています。

訪れる日には、その日の日没時間を確認するようにしてください。

駅自体が西向きということもあり、海からの日の出を見ることはできません。

そのため驫木駅で絶景と出会うためには、日の入り前を狙って到着できるように心がけてください。

  • 【路線名】
    東日本旅客鉄道五能線
  • 【所在地】
    青森県西津軽郡深浦町大字驫木字扇田
  • 【最寄り駅からの時間】
    青森駅より約2時間

神奈川県「江ノ島電鉄 鎌倉高校前駅」
江ノ島も一望できる人気のスポットにある素朴な駅

波の音が聞こえてきそうなほど、湘南の青い海がホームの前に広がるのが江ノ電の鎌倉高校前駅です。

眼前には七里ヶ浜、右手には江の島と富士山を望み、左手には三浦半島の雄姿が望めます。

この駅は、1997年には関東の駅百選にも選ばれた、海が見える絶景の駅です。

他府県はともかく、海がこれほど間近な駅は関東では珍しいためなのか、この光景を見るために下車する人も多いです。

古都・鎌倉と湘南・江の島を結び、百余年の歴史を刻む江ノ電は、一部路面電車の路線も使いながら海沿いをひた走ります。

鎌倉高校前駅での楽しみ方は、時間が過ぎることを気にせず、目の前に広がる青い海をホームのベンチに座りのんびり眺めることに尽きます。

都会の喧騒を忘れ、打ち寄せる波の音に耳を澄ませながら、オーシャンビューを心行くまで満喫したいものです。

晴れた日には、東の方向に富士山の雄姿を眺めることもできます。

  • 【路線名】
    江ノ島電鉄
  • 【所在地】
    神奈川県鎌倉市腰越
  • 【最寄り駅からの時間】
    JR鎌倉駅より18分
    JR藤沢駅より16分

新潟県「JR東日本 青海川駅」
打ち寄せる荒々しい波濤と近代的な駅舎の奇妙にマッチする駅

日本海に一番近い駅といわれる青海川駅は、景観はもとよりその静けさから、間近に打ち寄せる波の音にも心を奪われます。

駅の裏手には国道8号線が走り、近くに小さな集落はありますが、無人駅ということもあって、自らの足音すら聞き取れてしまいそうな静寂に包まれています。

今の駅舎は新しくきれいな建物になっています。

2007年に起きた中越沖地震の際、この駅は土砂崩れの被害にあっていて、残念ながら当時の建物とともに絶景を楽しむことはできません。

しかし、視界いっぱいに広がる水平線の壮大さは、他では見ることができない景観であることは間違いありません。

この青海川駅で見られる夕陽も特筆に値する美しさです。

1~2時間に1本程度の本数しか鉄道の行き来がないので、アクセスするときには予め下調べをしてください。

  • 【路線名】
    東日本旅客鉄道信越本線
  • 【所在地】
    新潟県柏崎市大字青海川
  • 【最寄り駅からの時間】
    長岡駅から約52分

兵庫県「JR西日本 鎧駅」
崖の上の駅から複雑な入江の景観と群青色の日本海を望む

兵庫県北部のリアス式海岸。

その入り江沿いに佇む海の見える駅が鎧駅です。

海側のホームは現在使われていませんが、トンネルを潜り抜けると行くことができます。

そのホームの脇の道を下ると、湾に面した漁村へ行くことができます。

また、トンネルを出たところには木製のベンチが設置されていて、ここから眺める景観が最も美しいと思います。

ひとりで訪れるのもいいものですが、大切な人と海を眺めながら語らうことも、鎧駅の楽しみ方かもしれません。

崖の上にある駅でもあるため、リアス式海岸の荒々しさと木々の生い茂る山肌の柔らかさが大自然の大きさを語りかけてきます。

鉄道は1~2時間に1本程度の運行なので、この駅を訪れるときにも時刻表を調べることは必須です。

  • 【路線名】
    西日本旅客鉄道山陰線
  • 【所在地】
    兵庫県美方郡香美町香住区鎧字タルビ
  • 【最寄り駅からの時間】
    鳥取駅から約1時間

愛媛県「JR四国 下灘駅」
伊予灘に沈む夕陽の美しさはまさに説明不要

穏やかな瀬戸内海を望む眺望で知られるのが下灘駅です。

晴れた日の日中は真っ青な海と空、夕方にはその海を赤く染める夕陽のロケーション。

二つの時間帯が織りなす深い色合いと、荒れることを知らない伊予灘の水面が、至福の景観を生み出しています。

駅舎の隣りには木製ベンチもあり、そこからの景観ももちろん美しいのですが、やはりホームにある下灘駅の象徴ともいえる鮮やかなブルーのベンチに座り、この景観を楽しみたいものです。

下灘駅を訪れる人たちは車での訪問が多く、駅舎脇の駐車スペースは夕陽の時刻前には込み合ってきます。

駅前の道路に数十台の列ができることもあるようなので、時間には余裕を持って訪れるようにしてください。

また、JRの観光列車「伊予灘ものがたり」を往復で利用すれば、下灘駅の昼と夕、両方の顔を体験できます。

  • 【路線名】
    四国旅客鉄道予讃線
  • 【所在地】
    愛媛県伊予市双海町大久保
  • 【最寄り駅からの時間】
    松山駅より約1時間

まとめ

海に近い絶景駅は鉄道ファンだけでなく、訪れる者すべての心を魅了します。

朝、昼、夕、それぞれの時間帯で、海、陽、駅が織りなす絶景を目に焼き付けてはいかがでしょうか。


Warning: getimagesize(https://lady2nd.com/wp-content/uploads/2019/01/7d4acdf60e560d296136847a1b59486d.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 404 Not Found in /home/nzuuvsw6/public_html/wp-content/themes/godios/inc/schema-org.php on line 51