Warning: getimagesize(https://lady2nd.com/wp-content/uploads/2019/02/de510f039b30e63010fc84926a1a07ce.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 404 Not Found in /home/nzuuvsw6/public_html/wp-content/themes/godios/inc/head-func.php on line 102

世界文化遺産【法隆寺】特徴とその魅力 肌で感じる歴史という空気

法隆寺のトリビア

法隆寺の七不思議

その1.法隆寺の伽藍にはクモが巣を作らず、スズメもフンをかけない。

クモは所かまわず巣を作るのが習性ですが、法隆寺の建物に限ってはクモの巣ができることはないという言い伝えです。

これが少し拡大されて、鳥がフンをすることもないと言われるようになりました。

実際の所は、クモが巣を作り鳥のフンも多く見受けられます。

これは法隆寺をこのような清い寺に保とうという僧たちの心持ちの表れではないでしょうか。

その2.南大門の前に鯛石と呼ばれる大きな石がある

南大門の階段の下に魚の形をした石が地面に埋め込まれています。

それが鯛石(たいいし)です。
この石には、どんなに大雨が降ってもこの石の位置よりも水位が上がらないということから、魚(水)はここまでしか来ないという意味が込められています。

その3.五重塔の上部の九輪に鎌が4本刺さっている

五重塔のてっぺんには9つの輪を串刺しにした形の九輪と呼ばれる飾りが立っています。

この九輪には鎌が4本つけられていて、かつては鎌首がひとりでに上がったり下がったりすると言われました。

これはもちろん伝説。

この鎌は聖徳太子の怨霊封じのためという説もありますが、落雷防止を祈願するもので、雷の魔物が塔に降りようとするのを防ぐためのものです。

これは中国古来の五行が関係し、五行では世のすべてのものは、木火土金水の5つに属し雷は「木」、鎌は「金」とされます。

そして金は木に勝ることから鎌がかかっていると考えられていました。

またこの鎌が上向きに見えたらその年は米が豊作で、下向きに見えれば凶作であるともいわれています。

その4.法隆寺の中庭に伏蔵(ふくぞう)が3つある

伏蔵とは地下の蔵のことで、法隆寺が破損した時、再建ができるように財宝が収められているところです。

その財宝とは建物の無事を願う「鎮壇具(ちんだんぐ)」と呼ばれるものです。

これは伝説でも迷信でもなく、実際にあります。

金堂の北東の角、経蔵の中、廻廊の南西の角にあり、石の蓋で覆われています。

その5.因可池(よるかのいけ)のカエルには片目がない

西院伽藍と東院伽藍を結ぶ石畳の大路の奥にある因可池は付近には昔、太子が住んでいた斑鳩宮がありました。

太子が学問をしている時にカエルがあまりに鳴いたそうで、静かにするように筆で目をついたところ、この池のカエルはすべて片目になったといわれている伝説です。

その6.夢殿の礼盤(お坊さんが座る台)の裏が汗をかいている

夢殿の救世観音像の前に礼盤(らいばん)と呼ぶお坊さんが座る台があります。

これを日光に当てると、板の裏は汗のような水分があふれると言われます。

これはその年が豊作か凶作かを占う儀式で、汗が出ると豊作を意味したそうです。

毎年2月にこの礼盤を日光に当て、陽の光により帯びる水気の量によって豊作か凶作かの占い(夢殿のお水取り)を行います。

その7.雨だれの穴が地面にあかない

法隆寺の中は、ほとんどが土の土地ですが、それなのに雨が降っても雨だれの痕ができないという不思議な現象です。

実際には、雨だれの穴はいくつも見受けられましたが、この言い伝えは法隆寺の水はけの良さ、地盤の良さを表しているものだと思われます。

エンタシスの柱

ギリシャのパルテノン神殿で有名なエンタシス式の柱とは、柱の下部から上部にかけて少しずつ細くなるか、柱の途中までは同じ太さで途中から上部にかけて細くなるという形をしています。

これは柱がいくつも並んで建てられる際に、寸胴な柱を並べると背景色によって中央部がへこんで見えるという目の錯覚が起こります。

この錯覚をさける効果と力学的に優れている構造であるため柱にふくらみを持たせたのです。

同様の形をしていると言われ法隆寺の金堂や廻廊の柱もエンタシス式の柱とされていますが、法隆寺の柱は中央部より少し下が一番ふくれており、ギリシャのエンタシス式の柱とは少し異なります。

このエンタシスの柱は建造後に削られて今の形になったと昭和修理の調査調から判明しており、下から見た際、柱がまっすぐに見えるよう錯覚を考慮にいれて今の形にしたと思われます。

またギリシャから日本へエンタシス式の柱が伝わってきているならば、その途中の国(ギリシャと日本の間の国々)でも見られるはずの柱が見られないことからも、日本の柱は独自の文化で作り出された形状ではないかという説の方が有力です。

五重塔の免震構造

五重塔はその古さ、美しさばかりでなく、建築自体の耐震性の高さで有名です。

地震や強風といった自然災害による振動を計算して造営された重塔。

地震国日本に適した建築方法が1300年以上も前にすでに確立され、なおかつ、今でもその耐震性の高さを誇り続けているわけです。

五重塔は、独立して組み立てた各重を重ねていく「積み上げ構造」という建築方法が用いられています。

建物を支える木組みだけをあえて固定せずに組んでいくため、揺らすと、少し揺らぐように空間を作っているのです。

知らない人が見ると、まるで手抜き工事に見えるかもしれません。

耐震性の詳細な秘密は、今でも明らかにされていません。

中央部の独立した柱が揺れを抑えている、各層がクネクネと揺れてバランスを取っているというところまではわかっています。

しかし模型による心柱の実験なども行われましたが、100%の解明には至りませんでした。

2006年の実験では、心柱があるものとないものを用意し、阪神・淡路大震災の震度に相当するマグニチュード7.3の振動を与えたものでしたが、どちらも塔身を崩さずに耐えきりました。

建物の各所が柔軟に動く構造は、1968年に竣工した霞ヶ関ビル(日本初の超高層建築)に応用され、その後も世界中の超高層建築に取り入れられています。東京スカイツリーにも、質量付加機構という最新技術を用いた設計が五重塔に類似していることが話題となりました。

五重塔は、現代建築に今でもなお大きな影響を与え続けているのです。

柿食えば鐘がなる?

「柿くへば鐘がなるなり法隆寺」

明治28年10月、病床をぬけて松山から東京へ旅に出かけた正岡子規が奈良に立ち寄った際に法隆寺の茶店で詠んだ句と言われています。

しかし実際は、東大寺裏の宿で食べた柿と斑鳩の風景を結びつけた作とも言われています。

東大寺裏の旅館に泊まっていた子規が夕食の後に富有柿を食べていると、近くの東大寺の鐘がなったのだそうです。

この鐘は「初夜」と呼ばれるその日最初の鐘のことで、この「初夜の鐘」に興味を持った子規が翌日出かけた法隆寺の風景と結びつけ名作を詠んだそうです。

「法隆寺の茶店に憩ひて」と詞書(ことばがき)のあるこの句は、自筆句集「寒山落木」の第四巻(1895、明治28年の分)に収められています。

また句碑が、子規の筆蹟で法隆寺中門東寄りの池の岸に立っています。

【次からのページ】
3ページ目は「法隆寺の年間行事」
4ページ目は「法隆寺の伽藍(建物)一覧」
5ページ目は「法隆寺の歴史」
です。


Warning: getimagesize(https://lady2nd.com/wp-content/uploads/2019/02/de510f039b30e63010fc84926a1a07ce.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 404 Not Found in /home/nzuuvsw6/public_html/wp-content/themes/godios/inc/schema-org.php on line 51