秋の花に郷愁を感じる 女性の感性に最も寄り添う花模様

日本人の感性に寄り添うように咲く秋の花。

そんな秋の花が咲く郷愁を感じさせる名所を5所紹介します。

埼玉県「巾着田」
【彼岸花】群れで咲き誇る妖しくも美しい花

彼岸花の名所として特に有名なのは埼玉県日高市の巾着田です。

高麗川が巾着型に蛇行する一帯が、シーズンになると約500万本の彼岸花で埋め尽くされます。

雑木林の間にある群生地では、黒い木の幹と赤い彼岸花のコントラストが、怪しいまでに美しいです。

広い敷地内をつぶさに見て回れば、珍しい白い彼岸花も見ることができます。

高麗川沿いに遊歩道が整備されているので、歩きやすいです。

同時期に田の堤に沿うように作付けされたコスモスが楽しめます。

9月中旬から10月初旬までの「曼殊沙華祭り」期間中は、サイボクハムや高麗ビールなどのご当地グルメの屋台や猿回しなどのステージイベントなどもあり、毎年30万人もの観光客が訪れます。

日高市は埼玉県有数の栗の産地です。

栗を使ったお菓子をお土産にするのもいいものです。

日和田山(標高305メートル)の山頂からは、巾着田の全景を眺めることができます。

登山口から山頂までは50分くらいです。

出世のご利益で広く知られる高麗神社など、付近には見どころがたくさんあります。

  • 【開花時期】
    9月下旬~10月上旬
  • 【花言葉】
    情熱 独立 悲しい思い出

彼岸花

彼岸花は秋の大地に花火のような赤い花を咲かせます。

秋のお彼岸(秋分の日と前後3日を合わせた7日間)の頃に花を咲かせることから名付けられました。

その他に「曼殊沙華」とも呼ばれています。

これはサンスクリット語で赤い花を意味する「マンジュサカ」からきていて、めでたい事が起こる前触れに、天から赤い花が降ってくるという仏教の経典に由来します。

英名は花の姿が蜘蛛に似ていることから、レッド・スパイダー・リリーと名付けられています。

球根に有毒のアルカロイドを含んでいます。

水田の畔に多く見られるのは、田を荒らすモグラやネズミが毒を避けるため、人為的に植えられたものです。

墓地に多いのも、土葬した時代に遺体を掘り返されないために植えられたものです。

そのためか不吉な花というイメージがあります。

家に持ち帰ると家事になるとか、死人が出るなどの迷信もあります。

台風などの長雨で8月に気温が下がった場合は開花が早まり、残暑が続くと開花が遅くなります。

長野県「黒姫高原」
【コスモス(秋桜)】日本人の感性にぴったりな秋の花の代名詞

長野県の北端に位置し、優美な山容から「信濃富士」ともいわれているのが黒姫山です。

その東側斜面に広がる「黒姫高原コスモス園」はコスモスの名所として知られています。

冬はスキー場となる3万8000平方メートルの広大な斜面に約50品種100万本のコスモスが見渡す限り続いています。

海抜900メートルの高冷地でコスモスに適した気候であるため、花色が鮮やかで開花時期も長いのが特徴です。

チョコレート色と香りを持つ「チョコレートコスモス」八重咲の「ダブルクイック」などの珍しいコスモスも見ることができます。

麓から標高1030メートルの「望湖台」まではパノラマリフトが通じ、野尻湖や北信州の山々の景観と共に、咲き乱れるコスモスを見下ろすことができます。

開花時には「黒姫高原コスモス音楽祭」が開催されます。

最近は8月から花を咲かせるダリアを2000株植えて、コスモスと共に楽しめるようになり、さらに色彩に溢れる光景が人気を博しています。

  • 【開花時期】
    8月~10月
  • 【花言葉】
    調和 少女の純真 真心

コスモス(秋桜)

コスモスの原産国はメキシコで、キク科の1年草です。

日本には明治12年(1879年)にイタリアからもたらされました。

日露戦争が終結した明治38年(1905年)頃か全行的に普及しました。

秋を彩るモダンで可憐な花として大いにもてはやされました。

現在では、なかば野生化しているものが多いです。

花びらが桜に似ていることと、群生して咲く様子が桜に似ていることから「秋桜」と表記されます。

語源の「コスモス」はギリシャ神話の宇宙の秩序を意味します。

コスモスベルグ

山形県と宮城県の県境、蔵王連峰の北端に位置する面白山高原「コスモスベルグ」公園は、その名の通りコスモスの名所として知られています。

約7ヘクタールの斜面一面に植えられたコスモスは、約50品種100万本という壮大なスケールです。

面白山高原駅を降りると、珍しいオレンジ色のキバナコスモスの大コスモス畑が広がっています。

付近には、紅葉が美しい紅葉川渓谷、ダイナミックな藤棚の滝など、見どころも多いです。

山寺の名で知られる名刹立石寺は隣の駅にあるので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

見頃は9月上旬です。

福島県・栃木県・群馬県・新潟県「尾瀬国立公園」
【エゾリンドウ】秋を先取りする孤高の花

エゾリンドウは日本原産のリンドウ科の多年草で、漢字では「蝦夷竜胆」と表記されます。

その名所として有名な尾瀬国立公園はさまざまな花が楽しめますが、その最後を飾るのがエゾリンドウです。

ちょうどオレンジ色に色づいた草紅葉とのコントラストが美しいです。

湿原にいくつもある池(地塘)の中ではヒツジグサも咲いています。

至仏山山頂からは、広大な尾瀬ヶ原の全景を眺めることができます。

山小屋に宿泊し、朝もやに霞む幻想的な湿原を楽しむのもオススメです。

  • 【開花時期】
    8月下旬~9月下旬
  • 【花言葉】
    悲しんでいるあなたを愛する

神奈川県「仙石原」
【ススキ】秋風にそよぐ黄金のさざなみ

ススキは広くアジアに分布するイネ科の多年草です。

箱根の芦ノ湖近くにある仙石原は、ススキの名所として有名です。

かつてカルデラ湖の一部だった台ヶ岳山腹の斜面一面を、ススキが埋め尽くす姿は圧巻です。

秋風に揺れる様子は寄せては返す黄金の波のようです。

9月下旬から穂が色づき始め、10月下旬から11月には一面が黄金色に染まります。

9月中旬には「箱根仙石原ススキ祭り」が開催されます。

  • 【開花時期】
    8月~9月
  • 【見頃】
    9月下旬~11月上旬
  • 【花言葉】
    活力 生命力

京都府「梨木神社」
【萩】万葉集で最も多く詠まれた

萩はマメ科ハギ属の落葉低木で、秋の七草のひとつです。

細くしなやかな枝を伸ばし、小さく美しい紫紅色の花をつけます。

古来より全国の山野に自生し、日本人に愛されてきた花です。

梨木神社は京都市上京区、京都御所の東側にある神社です。

別名「萩の宮」ともいわれ、京都を代表する萩の名所として知られています。

境内には500株の萩が植えられていて、萩が見頃を迎える9月中旬には「萩まつり」が行われます。

  • 【開花時期】
    7月~10月
  • 【花言葉】
    思案 内気

まとめ

郷愁を感じる日本人ならではの感性に最も合うのが秋の花です。

厳しい冬が訪れる前に、黄昏時に見に出かけてはいかがでしょうか。

国内航空券エアーズゲート

最初のコメントをしよう

必須